ピコレーザーとは?

当院ではキュテラ(CUTERA)社のピコレーザー・エンライトン(enlighten)SR(厚生労働省承認医療機器)を導入し、

を行っております。
「エンライトンSR」はピコ(1兆分の1)秒という驚異的に短い周期でレーザーを照射して、肌にほとんどダメージを与えずにメラニンだけを微粉砕します。これまでのレーザー機器や光治療機器では取り切れなかったシミやくすみを短時間で効率的に除去するとともに、肌自体の若返りにも優れた効果を発揮します。

こんな方にオススメです

  • シミ(老人性色素斑・雀卵斑・真皮メラノサイトーシス)を除去したい
  • 肝斑やくすみを薄くしたい
  • ニキビ跡を薄くしたい
  • 皮膚にハリやツヤがほしい
  • 小じわや毛穴の開きを改善したい
  • 肌の質感を改善したい
  • 若々しい肌を取り戻したい
  • 長いダウンタイムが取れない
  • お肌全体のトーンを明るくしたい

1.シミ取り治療 「ピコスポット」

シミだけを瞬時にピンポイントで照射することで、健康な肌にはダメージを与えずに、シミを薄いカサブタにして除去します。「濃いシミ」はもちろん、従来の光治療等では改善しにくかった「薄いシミ」にも非常に高い効果を発揮します。
従来のレーザー機器と違い、施術後のテープ保護が不要な点も大きな特長です。

ピコレーザーのシミ取り治療の流れ

2.美肌治療 ピコトーニング

肌全体に低出力のレーザーを均一に照射し、広範囲にわたる色味(しみ、くすみ、肝斑)の治療を行います。
従来のレーザーでは難しいとされていた肝斑の治療も可能になりました。
肌や周辺組織に余計なダメージをなるべく与えない効果的な治療が実現しました。
「肌に優しく、通常のトーニングよりも早く、少ない回数で優れたホワイトニング効果が得られる画期的なレーザー治療です。」

3.毛穴・にきび治療「ピコフラクショナル(MLA)

従来のフラクショナルレーザー治療は、皮膚表面に極小の穴を明けて肌を再生させるという方法で、照射の痛みが強く、ダウンタイムが長く発生するという弱点がありました。
ピコレーザーフラクショナルは、従来のレーザーに比べて皮膚表面にほぼダメージを与えずに、少ない回数で効果が得られるのが大きな特徴です。
高密度のレーザーの照射による衝撃波で表皮内に微小の空洞を作り、コラーゲン生成を活発化し、またエラスチンの再生を高め、肌質を改善する治療です。

施術の注意点・アフターケア

  • まれにお肌に赤みが出る場合もあります。
  • スキンケアやマッサージなど、お肌を擦りすぎないようにしてください。
  • 施術当日に血流が高まるような激しい運動や飲酒、サウナは控えてください。
  • ゴムで弾かれたような痛みがあります。
  • 照射の強さにより麻酔クリームが必要な場合があります。
  • 施術後の赤み等は個人差がありますが、2~3日から長くても1週間で引いていきます。
  • 施術後のお肌は一時的な炎症による乾燥が強くなりますので、しっかりと保湿をしてください。
  • お化粧は直後より可能です。
  • 治療回数は元々の肌の状態や満足度によっても個人差があります。

料金表

ピコスポット シミ取り放題(10個まで)

99,800円
(税込)
スポット1個(2mm以下)

4,290円
(税込)
スポット1個(6mm以下)

10,010円
(税込)
スポット1個(1cm以下)

14,300円
(税込)
スポット1個(2cm以下)

21,450円
(税込)
スポット1個(2.1cm以上)

35,750円
(税込)
ピコトーニング(単回)

33,000円
(税込)
ピコトーニング(5回コース)

132,000円
(税込)
ピコフラクショナル MLA(単回)

55,000円
(税込)
ピコフラクショナル MLA(5回コース)

198,000円
(税込)

よくあるご質問

施術時間はどのくらいかかりますか?
カウンセリング1時間、施術は約2時間半程かかります。
カウンセリングやデザインが仕上がりを大きく左右しますので、お時間に余裕を持ってご来院下さい。
施術中痛みはありますか?
完全に無痛というわけではありません。毛抜きに似た様な痛みがあります。
施術中は痛みの緩和のため麻酔のクリームを使用しています。
何回くらいの施術が必要ですか?
1回の施術では色素の定着が6〜5割程度と言われています。
美しい眉を完成させるには最低2回の施術が必要となります。
定着には個人差もあるため2〜3回の施術を推奨しています。
妊娠中・授乳中は施術を受けられますか?
当院では妊娠・授乳中の方は全ての施術をお断りしています。
どのくらいの期間色持ちしますか?
定着や発色等により持続期間には個人差があります。
一般的に2〜3年と言われています。
2〜3年経つと全てのアートメイクが消える訳ではなく、徐々に薄くなっていきます。