シミの種類と原因

(1) 老人性色素斑

顔や手の甲、腕(肘から下)などの日光に曝されやすい部位に発生します。
境界線は比較的はっきりしている事が多く、慢性的な日光への暴露が原因と考えられています。 治療法は、レーザー治療やケミカルピーリングなどです。

(2) 老人性疣贅(脂漏性角化症)

皮膚の良性腫瘍でシミの様に見えますが、どちらかというと「いぼ」のカテゴリーに属します。
顔や体幹などの脂漏部に発生し、隆起しています。隆起がわずかなものは一見、(1)の老人性色素斑のように見えます。 治療法は、レーザー治療やメスによる切除などです。レーザーは(1)とは違う種類のレーザーを使用することが多いです。

(3) 雀卵斑(そばかす)

日光に曝される両頬〜鼻根部(鼻の根元の辺り)に子供の頃から発生します。
まぶたや口周囲などに発生することもあります。数ミリ程度と小さく「そばかす」とよく呼ばれます。 慢性的な日光への暴露が原因と考えられていますが、遺伝によるもの、女性ホルモンとの関連も示唆されています。 治療法は、レーザー治療やケミカルピーリングなどです。

(4) 肝斑

日光に曝される頬骨部、唇の上、額などに左右対称性に発生することが多いです。
原因は様々で、紫外線のみならず、妊娠や経口避妊薬が悪化の原因になることもあります。
また、ストレスなど心理的な要因や、慢性的な刺激(こすり過ぎなど)も原因の一つとなり得ります。
治療法は、まず原因となっている因子の除去が必要です。紫外線からの防御も有効です。
その上で、内服薬や外用薬の処方や、ケミカルピーリング、イオン導入などを行います。
レーザー治療は無効なことが多いとされており、レーザーの種類にもよりますが、レーザー治療によって肝斑が悪化する例も報告されています。

(5) 後天性真皮メラノサイトーシス

頬骨部や額などの左右に見られることが多いですが、片側だけのこともあります。他のシミと比べてやや灰色っぽいという特徴があります。
後天性真皮メラノサイトーシスは大人になってから出現しますが、顕微鏡による検査では、子供のころに発生する「あざ」に近いとされています。
日光への暴露や女性ホルモンなどが原因の一つと考えられています。
治療法は、レーザー治療ですが、どの種類のレーザーでも効果がある訳ではなく、ある程度、レーザーの種類が限定されます。

(6) 炎症後色素沈着

怪我が治った後や、にきびなどの皮膚の炎症が治った後に発生するものです。
何も治療を行わなくても自然に治る例もありますが、自然に治らない場合は、内服薬や外用薬を用いたり、ケミカルピーリングやレーザー治療を行うこともあります。

このように、シミの種類や性状によって治療法は異なり、どの種類のシミにもレーザー治療が効果的な訳ではありません。
シミの種類によってはレーザー治療が適さないものもあります。
また、レーザーAは効果があるが、レーザーBは効果がないといったシミもあります。
さらに、一つの種類のシミしか存在しない、という方の方が珍しく、いくつかの種類のシミが混ざって存在している方が多いのも事実ですから、どのような治療法が適しているのか、まずはカウンセリングを受けてみられるのがよいでしょう。

吉本レディースクリニック 富山院のシミ治療

1. レーザーフェイシャル

そばかすなど、小さいシミが無数にある方や、色調が薄いシミの方は、お顔全体(額を除く)に広くレーザーを照射する「レーザーフェイシャル」を行います。
レーザーフェイシャルは、シミを薄くする他にも、毛穴を引き締め肌のキメを整える効果、小じわを改善する効果、うぶ毛の脱毛効果などが望めますので、シミ以外にもお悩みがあり、お肌を総合的に整えていきたい方にもおすすめするレーザーです。
また、麻酔の必要がなく、施術直後からメイクも可能で、生活にも取り入れやすいレーザーです。
但し、(4)肝斑や(5)後天性真皮メラノサイトーシスには効果がありません。

2. シミとりレーザー

色調が濃くハッキリしたシミは、シミのある部分のみに集中的にレーザーを照射する「シミとりレーザー」を使用します。
(1)老人性色素斑や(2)老人性疣贅が適応となります。(3)肝斑や(4)後天性真皮メラノサイトーシスには当院のシミとりレーザーは効果がありません。
(1)に使用するレーザーは痛みが少ないため、数ミリ程度の小さいシミであれば、麻酔は使用しません。
但し、1センチ以上の比較的大きいシミの場合は麻酔を使用します(塗るタイプの麻酔薬です)。
(2)に使用するレーザーは、ほくろ取りやいぼ取りに使用するタイプのやや強力なレーザーを使用しますので、シミの大きさを問わず、麻酔を使用します。(注射の麻酔薬です)

3. ケミカルピーリング

お顔全体のくすみを美白したい方や、肝斑のある方、にきびやニキビ痕が気になる方におすすめする施術です。
レーザー治療ではなく、グリコール酸などの「ピーリング剤」と呼ばれる薬剤をお肌に塗布し、治療の目的に合わせた深さで皮膚表面を薄く剥離・除去する施術です。
シミを薄くする効果だけではなく、皮膚のざらつきやにきび痕、毛穴の開きを改善したり、にきびを予防する効果もあります。
(4)肝斑があり、レーザーが不向きな方にもおすすめする施術です。

4. イオン導入

美肌効果のある液体状のお薬をイオン化し、イオン導入器によって発生 した微弱電流の反発力によって効率よく有効成分をお肌の深部にまで届けることのできる施術です。
お肌のお悩みに合わせてお薬の種類をお選びいただけますが、シミが気になっている方には「ビタミンC」のイオン導入や「トラネキサム酸」のイオン導入がおすすめです。
あらゆるシミに対して効果が望めます。
レーザー治療やケミカルピーリング等、他の施術と組み合わせて行うとより一層効果的です。

5. 美肌点滴

免疫力を高め、健康な肌質作りを助けます。
シミ改善、美白効果のみならず、しわ・たるみ・毛穴・にきびの改善や保湿作用、湿疹・皮膚炎の予防や改善作用があります。
飲み薬をすぐ飲み忘れてしまい、なかなか続かない、という方にもおすすめします。

6. 内服薬(美肌セット、美白セット)

シミ・肝斑の改善、美白効果のみならず、にきび・吹き出物、湿疹・皮膚炎の予防効果があります。
医師の処方によるお薬なので、市販されているサプリメントに比べ、お肌のお悩みを改善させるのに必要な種類・充分な用量のお薬を低価格で内服していただくことが可能です。
施術に通われる時間がなかなか持てないお忙しい方にもおすすめします。

7. 外用薬(ハイドロキノン)

メラニン色素の合成を阻止し、シミを薄くするご自宅用の塗り薬です。
ハイドロキノンは、現時点では最も効果の高い美白剤とされており、最近ではごく低濃度のハイドロキノンを含有した化粧品も市販されていますが、高濃度のハイドロキノンは通常、医師の処方が必要であり医療機関でのみ取り扱われます。
施術に通われる時間がなかなか持てない、というお忙しい方でもご自宅で気軽に美白ケアをしていただけます。

シミ取りレーザーの流れ

お肌の診察
施術前に、気になっておられるシミ部分の診察をいたします。 シミの性状を観察させていただき、レーザー治療が効果的かどうか、どのような種類のレーザーが適しているか、を診断いたします。
シミのある部分のメイクは落としていただきますので(クレンジング、洗顔料などは常備いたしております)お化粧治しの準備をご持参下さい。
カウンセリング
シミ取りレーザーの施術の流れや、施術後のアフターケアなどについて、 説明書を用いながら詳しく説明いたします。 皆様のご不安な点、疑問点なども しっかりとお聞きします。
説明書はご自宅用に控えを差し上げますので、施術後にわからなくなった事や忘れてしまったこと等がありましたら、読み返してみて下さいね。
局所麻酔
施術を行う部屋へ入室いただき、施術の準備をいたします。
局所麻酔が必要な方には局所麻酔をさせていただきます。
シミの性状によっては、麻酔が不要な場合もございます。
また、使用するレーザーの種類によって、注射の麻酔を使用する場合と、塗り薬の麻酔を使用する場合とがあります。
麻酔が効いてくるまで、10分間から30分間ほどお待ちいただきますので、麻酔を使用する方は、予めお時間の余裕を持ってお越し下さい。
レーザー照射
レーザー光から目を保護させていただくためのゴーグルをかけさせていただきます。
また、ゴーグルをしていましても目は閉じていていただきます。
レーザー照射は、使用するレーザーの種類にもよりますが、約5分間ほどで終了します。
クーリング
使用するレーザーによっては、施術後にレーザー照射部位にほてり感を感じることがございますので、レーザー照射部位の冷却を行います。
軟膏の塗布
ほてり感がおさまりましたら、レーザー照射部位に軟膏の塗布とその上から肌色のテープによるテーピングを行います。
テープの上からでしたら、洗顔をしたり、お化粧をしたりしていただくことも可能です。
ご自宅用に、軟膏とテープをお渡ししますので、次回の診察までの約2週間は、軟膏の塗布とテープの交換をご自宅でもお続け下さい。
ご帰宅
カウンセリング、麻酔時間、レーザー照射、クーリング時間などを含めまして約1時間超ほどです。次回2週間後のご予約をお取りいただき、ご帰宅となります。
再診
レーザー照射から約2週間後に経過観察のため、ご来院下さい。
来院される日までは、お渡しした軟膏とテープを使用しアフターケアをして下さい。
レーザー照射部位を診察させていただき、今後のアフターケアについて説明をさせていただきます。
レーザー後の日焼けは厳禁です。
必要に応じて、美白外用剤や内服薬を処方させていただきます。

シミ取りレーザーのQ&A

シミ取りレーザーは痛いと聞いたことがあるのですが麻酔はしますか?
シミ取りレーザーを照射する際の痛みは、シミの大きさや性状により変わります。
麻酔をしなくても、パチンと弾かれる程度の刺激感のみで殆ど傷みを感じないケースもありますし、麻酔をした方が痛みが楽になるケースもあります。
まずは、気になっておられるシミのご状態を診察させていただいた上で、麻酔が必要かどうかを判断いたしますので、是非カウンセリングにいらして下さい。
尚、診察時にはシミ部分のお化粧を落としていただく場合がございますので、お化粧治しの準備をお持ちになってご来院下さいませ。
シミ取りレーザーを受けた後に、お薬を塗ったりガーゼを当てたりする必要 はありますか?
シミ取りレーザーを受けていただいた方には、約2週間、レーザーを照射した部位に薄く軟膏を塗って肌色のテープを貼っていただきます。ガーゼ保護は必要ありません。
テープはガーゼほど目立つものではなく、テープの上からファンデーションを塗っていただくなどしてカモフラージュしていただくことも可能ですが、至近距離から見るとテープを貼っておられることはわかってしまいますので、2週間以内に大事なイベント事や、写真撮影などを控えていらっしゃる方は、そういった行事が終了されてからのレーザー照射をおすすめしています。
脱シミ取りレーザーを受ける前に気をつけておくことはありますか?
日焼けをされたお肌に対してレーザーを照射するとお肌へのダメージが大きくなってしまいますので、普段から日焼け止めを使用されるなどして、日焼けを防ぐように心がけておいて下さい。

料金表

■フェイシャルレーザー料金
シミ取りレーザー2ミリ以下 1個/¥3,000
6ミリ以下 1個/¥7,000
1センチ以下 1個/¥10,000 
2センチ以下 1個/¥15,000 
2センチより大きい 1個/¥25,000
レーザーフェイシャル1回/¥15,000
3回コース/¥42,000 
6回コース/¥72,000
9回コース/¥90,000
ホクロ・イボ取りレーザー~2mm:10,000円
~4mm:15,000円
ピーリング顔グリコール酸ピーリング/¥6,000
4回コース/¥22,800
8回コース/¥43,200
12回コース/¥61,200
顔サリチル酸ピーリング/¥8,000
4回コース/¥30,400
8回コース/¥57,600
12回コース/¥81,600
顔ミックスピーリング/¥10,000
4回コース/¥38,000
8回コース/¥72,000
12回コース/¥102,000
イオン導入ビタミンC導入/¥3,000
トラネキサム酸導入/¥3,000
グリシルグリシン導入/¥3,000
プラセンタ導入/¥3,000
4回コース/¥11,400
8回コース/¥21,600
12回コース/¥30,600
ビタミンC+トラネキサム酸導入/¥5,000
ビタミンC+グリシルグリシン導入/¥5,000
ビタミンC+プラセンタ導入/¥5,000
4回コース/¥19,000
8回コース/¥36,000
12回コース/¥51,000
■美容点滴料金
ビタミン点滴ビタミン点滴 / 1回 ¥3,000 / 4回コース ¥11,000 
ビタミン+美肌点滴 / 1回 ¥5,000 / 4回コース ¥19,000 
■美肌内服薬・美白内服薬料金
美肌内服薬セット(1ヶ月セット)¥5,000
美肌内服薬セット(1ヶ月セット) トランサミン無¥3,600
美白内服薬¥3,000
■美白外用剤料金
ハイドロキノン¥3,000

※価格は全て税抜き価格です。